フォト

自己紹介

  • <戦略経営コンサルタント>
    ■氏名:稲垣 祐輔 いながきゆうすけ 1964年愛媛県八幡浜市生まれ ■博士(学術) <略歴> 東大阪市の山本光学「SWANS」で、新製品の企画開発~上市等の新規事業開発、中小サービスの市場開拓等々。関西、中国、四国で中小事業者の経営の実効力を高めるマネジメント支援、新製品の企画から販売までの事業開発支援、顧客開拓等の支援に取り組む。

所属等

  • <学会>
    ■日本生産管理学会 ■標準化研究学会
  • <学位・資格>
    ■博士(学術)■日本生産性本部 マネジメント強化プログラム認定アドバイザー■経営品質協議会認定セルフアセッサー ■日本商工会議所認定 一級販売士■日本販売士協会 登録講師■ITコーディネータ        
  • <団体・機関>
    ■一般社団法人 日本販売士協会 ■尼崎商工会議所 
無料ブログはココログ

« 2011始まり これからの取組み(所信表明) | トップページ | 長門・高知、そして八幡浜 »

2011年1月11日 (火)

産業の新陳代謝

  変化の波を確実に捉えて、これまでの事業の限界を超えようとする世代が台頭しています。今までのビジネスモデル(収益を得るための事業の基本形)を純粋に守るような商売では事業が成り立たなくなってきています。変化に合わせるように、一つの会社の中で、現社長から40代・30代への次期経営者への継承という形での新陳代謝があります。また、異業種から、製造はしないが商品企画・販売を行うファブレスメーカが現れ、市場に参入しています。地方の経済を支えてきた食品産業に確実に革新の波が来ているように感じます。今、大きな波を受けているのは、製造業です。変化が、世代交代、異業種参入、グローバル化などを通じて、産業に新陳代謝をもたらしているように感じます。好機でも逆風でもあると思います。いずれもチャンスに違いないと思います。帆を張って風を受けて、船を進めるべし!!

« 2011始まり これからの取組み(所信表明) | トップページ | 長門・高知、そして八幡浜 »

マーケティング」カテゴリの記事

新商品」カテゴリの記事

ベンチャー」カテゴリの記事

経営革新」カテゴリの記事

経営品質」カテゴリの記事

新規事業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産業の新陳代謝:

« 2011始まり これからの取組み(所信表明) | トップページ | 長門・高知、そして八幡浜 »

ITC certified

ina consulへ問い合わせ

  • お気軽に問い合わせください!