フォト

自己紹介

  • <戦略経営コンサルタント>
    ■氏名:稲垣 祐輔 いながきゆうすけ 1964年愛媛県八幡浜市生まれ ■博士(学術) <略歴> 東大阪市の山本光学「SWANS」で、新製品の企画開発~上市等の新規事業開発、中小サービスの市場開拓等々。関西、中国、四国で中小事業者の経営の実効力を高めるマネジメント支援、新製品の企画から販売までの事業開発支援、顧客開拓等の支援に取り組む。

所属等

  • <学会>
    ■日本生産管理学会 ■標準化研究学会
  • <学位・資格>
    ■博士(学術)■日本生産性本部 マネジメント強化プログラム認定アドバイザー■経営品質協議会認定セルフアセッサー ■日本商工会議所認定 一級販売士■日本販売士協会 登録講師■ITコーディネータ        
  • <団体・機関>
    ■一般社団法人 日本販売士協会 ■尼崎商工会議所 
無料ブログはココログ

7.支援機関での職務

2008年度~2010年度 
やまぐち産業振興財団 
中小企業支援センター 
経営担当サブマネージャー

2010年度~2010年度 
やまぐち産業振興財団 
中小企業応援センター 産業振興ネットワーク
コーディネータ

2011年度~2011年度
やまぐち産業振興財団
販路開拓コーディネータ

 やまぐち産業振興財団様では、2008年度後期にスタートした「やまぐちビジネスプラン評価プロジェクト」の企画・運営・審査~支援に携わりました。

 企画面では、応募された事業者様に対して、多段階で多面的な事業評価ができるような評価システム・評価項目・評価基準づくりを行いました。評価過程では、エントリーされた事業者様の事業リスクの洗い出し、事業具現化に向けた課題が抽出されます。専門家による書類審査・調査会を経て、経営実務家(現経営者)等による事業可能性委員会で評価を進める中で、第3者からの気付きを得る場となることが期待されます。 

 企画・支援面では、プラン認定事業者様には、財団助成金を活用して商品化を図った後、事業化を目指す事業者様が少なく無く、京阪神の主要支援機関様の協力を得て、流通~総合までの各種「商談会」を開拓する等ビジネスチャンスの場を提供しています。販路開拓し売上に結びつけるなど、事業化の道を進まれるプラン認定事業者様もおられます。

 ビジネスプランの評価だけでなく、プランを磨く実践の場が無ければ、事業化は果たせません。経営とは、事業の構想と、そのマネジメントとすれば、私達が「やまぐちビジネスプラン評価プロジェクト」で取組んでいることは、事業構想やマネジメントの支援なのです。

 また、プラン評価プロジェクトへの応募を促すため、ビジネスプランのブラッシュアップ講座を立上げ、ケース演習、戦略策定など、事業検討し、自力向上に繋げる場も設けています。

 自社のイノベーションに支援機関をご活用いただければと思います。

2013年度~
兵庫県中小企業団体中央会
中小企業相談支援事業 コーディネータ

 

ITC certified

ina consulへ問い合わせ

  • お気軽に問い合わせください!